メニュー

神前式の流れ

レディ

神前式は他の結婚式とは式の流れが異なります。そのために新郎新婦だけでなく、参列者も初めての神前式に戸惑ってしまうことも少なくありません。そのために事前に神前式の流れをしっかりと確認しておくとよいでしょう。最近ではインターネットなどでも神前式の流れを確認することができるため、事前に調べて少し練習しておくと当日間違えることもなく問題を起こしてしまうこともないでしょう。
当日は巫女の方が先導して動作を行なってくれるため、動作を忘れてしまっても思い出すことができます。
参列側であるとそこまでやらなければいけない作法というものは少ないため、安心してよいでしょう。

基本的な神前式の流れとしては、まず参進の儀と呼ばれる儀式を行います。これは花嫁行列ともいい、新郎新婦と参列者が一列となって神殿へ向かう儀式です。
挙式を挙げる前に新郎新婦と参列者は心身を清めるお祓いを行います。これは修祓の儀といいます。
そして祝詞奏上という斎主が祝辞を読み上げる儀式を行い新郎新婦が神酒で三三九度の盃を飲み交わします。
その後巫女が神楽に合わせて舞を奉納する神楽奉納を行い、新郎新婦が誓いの言葉を読み上げます。その後玉串奉奠という儀式を行い、二礼二拍手一礼を行なった後指輪の交換を行います。
新郎新婦と参列者が全員で神酒を三口で飲んだ後、斎主と一同が神前に参列し、祝いの挨拶を行い、拝礼して退出します。これで神前式が終了になります。
細かい作法などは神社によって変わることがありますので事前に確認しておくとよいでしょう。

おすすめ記事一覧

価格などをチェック

会場

福岡にあるレストランウエディングの会場の相場などについて紹介していきます。綺麗なロケーションを楽しむことができる場所も多くなっていますので、参考にしてみましょう。

結婚式の予算

人形

結婚することになったカップルのほどんどが結婚式を行うための計画を始めるのではないでしょうか。まずは結婚式場選びを始めて、それが決まった後に本格的なプログラムや料理のコース、衣装などを選択することができます。

伝統の結婚式

男女

神前式を行うことで日本古来からの伝統の結婚式を挙げることが出来ます。また、東京では多くのホテルや結婚式場に神殿を用意しているので神社だけでなくとも神前式を挙げることが出来ると話題になっています。